Cross Word

こちらに移転してきました。よろしくお願いします。
小説・コミック・ゲーム・雑貨などなど、いろんなものをご紹介。
レビューはネタバレご注意を。
<< 祝もものき事務所2 | main | 幾星霜の夜を越え >>
乙女なでしこ恋手帖 壱
作家さんが好きなので♪
新シリーズ楽しみにしてました。
JUGEMテーマ:ライトノベル

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
[Amazonより]
ノベライズでおなじみのFCルルルnovelsにオリジナル小説が登場!
ルルル文庫人気NO.1の深山くのえが描く大正恋浪漫。
タイトルは「乙女なでしこ恋手帖」。
イラストに「黎明のアルカナ」で人気の藤間麗先生を迎え、
乙女たちの恋を色鮮やかに描き出します。

時は、大正3年。
公家華族で子爵の東明家の三女に生まれた千鶴は、
生まれてすぐ養女に出され平民の家で育っていた。
複雑な家庭事情ながらも育ての親・名越の家が良くしてくれたおかげで幸せに暮らしていた。
16歳になったある日、突然千鶴は東明家に呼び戻される。
千鶴を家に呼び戻した理由は、東明家の借金の形に、
貸金業「大つき屋」の長男・要と結婚させるた めだったのだ。
公家華族との婚姻を目論む大つき屋主人に、大事に育ててきた長女、次女ではなく、
縁の薄かった三女を嫁に出すことで借金を帳消しにしてもら おうとする、千鶴の父親。
しかし、嫁いでみるとなんと、大つき屋の長男・要は、
かつて千鶴を助けてくれた青年だったのだ・・・運命の再会。そして二人の運命は・・・?!
コミックス売り場で買える小説です。 





てっきりルルル文庫だと思ってたら、
コミックス売り場にあったので、完全に見逃してました。^^;

内容は内容紹介の通り。
深山先生なので、最終的にはハッピーエンドですが、
これ、「壱」なんですよね。
どう続くのか楽しみ。

おまけに、2巻は1月26日発売予定、
DVD付き、と、内風のルルル文庫NEWS Vol.27にありました。
楽しみ半分、怖さ半分・・・?!
| [・・本・・・・・・・] ライトノベルズ(新書) | comments(0) | trackbacks(0) |









http://book.kyotowalk.com/trackback/160


SEARCH

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
おすすめ
Others
  • SEOブログパーツ
SEO
購入方法・換金方法
LINKS
OTHERS