Cross Word

こちらに移転してきました。よろしくお願いします。
小説・コミック・ゲーム・雑貨などなど、いろんなものをご紹介。
レビューはネタバレご注意を。
<< 身代わり伯爵の婚前旅行 I すれ違いの蜜月 | main | 二の姫の物語 / 小説オリジナルストーリー >>
桜嵐恋絵巻
無事完結した、大好きなシリーズ。
そういえば、これは書いてないことに気づいて・・・。
JUGEMテーマ:小説全般

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
内容(「BOOK」データベースより)
二条中納言家の詞子姫は、鬼を呼ぶ姫と皆から疎まれ、
16歳で無実の罪を着せられて白河の別邸に移される。
そんな詞子が美しい桜に惹かれて庭に降りると、

そこには長身で黒目が印象的な源雅遠の姿が…!
詞子は見ず知らずの公達に姿を見られたと落ち込むが、
詞子の可憐さに心を惹かれた雅遠は、
思わず詞子に菫の
花を贈る。
様々な思惑が渦巻く京の都で、生まれたばかりの恋は…!?
ときめき平安ラブロマンが始まる。




実はルルル文庫web小説にて
さわり部分が無料で読めます。
気に入ったら、続きは文庫買ってね♪
ということなのか・・・・。

そのことを知ったのは、
すっかりはまった後なのです。

私が最初にこの本を知ったのは、
と、ある本屋さんにて。

本屋さんの小説の新刊コーナーで、
平積みされていて、
気になったので手にとってみました。





呪われし姫・鬼姫と呼ばれる詞子。
出来が悪く、父に疎まれている雅遠。
その2人が出会い、物語が始まります。

詞子を気に入り、近づこうとする雅遠を、
自分にかけられた呪いが
自分に近づくものに災いをもたらすからと、
詞子は遠ざけようとするけれど、
雅遠はそんなものは気にしない、と返す。

さらには、
雅遠は左大臣の嫡子であり、
詞子は右大臣の腹心二条中納言の娘。
左大臣と右大臣は政敵として
互いを激しく敵視する間柄。
2人の親が、
2人の仲を認める筈はないことはわかっている。
だからこれは、誰にも言えない秘密の恋―。

ということで、平安時代を舞台にした、
平安版ロミオとジュリエット(?!)な感じもあり。

この巻は導入部のようで、
2人の出会いと恋の始まりまで、かな。
次巻からが本格的に物語が動き始めます。

| [・・本・・・・・・・] ライトノベル(文庫) | comments(0) | trackbacks(0) |









http://book.kyotowalk.com/trackback/38


SEARCH

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
おすすめ
Others
  • SEOブログパーツ
SEO
購入方法・換金方法
LINKS
OTHERS